70歳雇用時代がいよいよ到来か!

現在、高年齢者雇用安定法で原則65歳までの雇用が義務づけられています。

平成29年版高齢社会白書によれば、現在仕事をしている高齢者の約40%が働けるうちはいつまでも働きたいと回答しています。また、70歳くらいまで働きたいが約22%、75歳くらいまで働きたいが11.4%、80歳くらいまで働きたいが4.4%と、全体の80%近い人が高齢期にも高い就業意欲を持っています。

政府は、高齢者が希望すれば原則70歳まで働ける環境整備に向けた検討を、今秋から始める方針です。高年齢者雇用安定法を改正し、70歳雇用を努力目標とすることを検討するとしています。

相続川柳

PAGE TOP