不払賃金残業代の是正結果が発表されました

厚生労働省は、労働基準監督署が監督指導を行った結果、令和2年度(令和2年4月から令和3年3月まで)に、不払となっていた割増賃金が支払われたもののうち、支払額が1企業で合計100 万円以上である事案を取りまとめたものを公表しました。

【厚生労働省「監督指導による賃金不払残業の是正結果(令和2年度)」】

【概要】

  1. 是正企業数 1,062 企業(前年度比 549 企業の減)
    うち、1,000 万円以上の割増賃金を支払ったのは、112 企業(同 49 企業の減)
  2. 対象労働者数 6万5,395 人(同 1万3,322 人の減)
  3. 支払われた割増賃金合計額 69 億8,614 万円(同 28 億5,454 万円の減)
  4. 支払われた割増賃金の平均額は、1 企業当たり658 万円労働者1 人当たり11 万円
残業代

業種別の企業数で比較すると、
製造業が215企業(20.2%)
商業が190企業(17.9%)
保健衛生業が125企業(11.8%)と上位を占めています。

監督指導の対象となった企業においては、賃金不払残業の解消のために様々な取組が行われており、厚生労働省は、あわせて「賃金不払残業の解消のための取組事例」についても紹介しています。下記からご覧いただけます。

【別紙3】賃金不払残業の解消のための取組事例[PDF形式:519KB]別ウィンドウで開く

厚生労働省は、引き続き賃金不払残業の解消に向け、監督指導を徹底していくとしていますので、各企業においても改めて適切な労働時間管理や自社の残業代支払いの現況について、再点検しましょう。

関連記事

  1. 他社はどのような人手不足対策を行っているのか?
  2. 人手不足への対応どうしてますか?
  3. 36協定締結&作成、進めていますか? 
  4. 令和2年度 長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果
  5. 来年4月1日施行!同一労働同一賃金の取組みと賃金の動向について
  6. 【コロナ関連】感染防止のための柔軟な働き方について
  7. パワハラ防止対策、厚生労働省は法制化を検討
  8. 平成30年「高年齢者の雇用状況」
PAGE TOP