働き方改革法に対する企業の意識は?

エン・ジャパンの総合情報サイト「人事のミカタ」で、経営者や人事担当者対象の「働き方改革法案について」アンケート調査結果を見てみると、企業が働き方改革法案に対してどこまで認識があるか、またどう感じているか見えてきます。

「働き方改革法案」を知っているかという質問に対しては、「概要を知っている」(74%)、「内容を含め知っている」(21%)と、認知度は95%に達しています。意外と高いなと感じました。
次に、「働き方改革法案」が施行されることで経営に支障がでるかという質問に対しては、「大きな支障が出る」(9%)、「やや支障がでる」(38%)となっていて、企業規模が大きくなるにつれて「支障がでる」と回答する割合が増加しています。「支障が出そうな法案はどれか」という質問に対しては、「時間外労働(残業)の上限規制」(66%)が最も多く、次に「年次有給の取得義務化」(54%)、「同一労働同一賃金の義務化」(43%)と続きます。

来年の施行に向けて、中小零細企業の経営に支障がでないよう、丁寧に働き方改革を進めていきたいと思います。

関連記事

  1. 「働き方改革関連法」実際の認知度はまだ低い?
  2. 特定技能所属機関の要件をコラムに書いてみました。
  3. 定年延長の導入状況と課題とは
  4. 他社はどのような人手不足対策を行っているのか?
  5. 採用できるハローワーク求人①
  6. 36協定締結&作成、進めていますか? 
  7. 採用できるハローワーク求人④
  8. 2020年は「未払い残業代対策」が課題

相続川柳

PAGE TOP