今後の採用活動はどうなる?「採用選考に関する指針」の廃止

経団連は、2021年春入社以降の就職・採用活動のルール「採用選考に関する指針」を廃止することを正式に決定しました。現行ルールでは、経団連の会員企業は会社説明会が3/1、採用面接などの選考活動が6/1、内定の通知日が10/1、がそれぞれの解禁日です。政府は経団連の決定を受け、2021年春入社組(現在の大学2年生)については混乱を避けるため現在と同じ日程を維持する方針ですが、2022年以降は経団連や大学と協議をして新たなルールを作ることを検討しています。

近年では、「新卒一括採用」から「通年採用」へ移行する企業も増えてきています。「通年採用」は、欧米では一般的となっており、企業は年間を通じて採用活動を行っているため、既卒者や留学生など幅広く人材と獲得できるとしています。今後は、経団連に変わって政府が主導となって就職・採用活動のルールの見直しや「新卒一括採用」のあり方について議論される方針です。採用活動のグローバル化や多様化が進む中で、企業と学生が混乱しないよう適切なルール作りが求められます。

関連記事

  1. 人手不足で自己都合退職トラブル増!
  2. 人手不足への対応どうしてますか?
  3. 業務中に新型コロナウイルス感染した場合の労災補償
  4. 来年4月施行の70歳までの就業機会の確保(努力義務)について
  5. 高齢者の就業者数が過去最高に
  6. 「チームの雰囲気」が働く人の満足度やモチベーションにどう影響して…
  7. 採用できるハローワーク求人③
  8. 働き方改革法に対する企業の意識は?

相続川柳

PAGE TOP