労働条件通知書のペーパレス化

厚労省は、労基法15条で定められている労働条件の「書面」での通知について、来年の4月からFAXやメール等でも可能にし、規制を緩和することを決めました。企業にとっては印刷や郵送にかかるコストや手間の削減ともなり、利便性が高まることが期待されます。

ただし、労働者がFAXや電子メール等での通知を希望することが前提条件となっていますので、本人に確認し、FAXや電子メール等での受取りを希望しない場合は、今までどおり書面で通知しなければなりません。具体的なファイル形式などについては、まだ明らかになっていませんので今後の情報を待ちましょう。

 

関連記事

  1. 「チームの雰囲気」が働く人の満足度やモチベーションにどう影響して…
  2. 採用できるハローワーク求人③
  3. 高齢者雇用 来年4月施行の70歳までの就業機会の確保(努力義務)について
  4. 平成30年「高年齢者の雇用状況」
  5. テレワークを行う従業員の本音は?
  6. 残業代 不払賃金残業代の是正結果が発表されました
  7. 高齢者の就業者数が過去最高に
  8. 【コロナ関連】新型コロナウィルス感染予防対策について
PAGE TOP