高齢者の就業者数が過去最高に

総務省は、統計からみた我が国の65歳以上の高齢者についての取りまとめを公表しています。
取りまとめによれば、高齢者の就業者数は14年連続で増加しており、807万人と過去最多だそうです。また、就業者数増に占める高齢者の割合も、12.4%と過去最高となっています。高齢就業者数は、「団塊の世代」の高齢化などを背景に2013年以降大きく増加していますが、「団塊の世代」が70歳を迎え始めたことなどにより、70歳以上で主に増加しているようです。

高齢就業者が多い業種としては、「卸売業、小売業」が125万人と最も多く、次いで「農業、林業」が99万人、「製造業」が92万人、サービス業(他に分類されないもの)」が91万人となっています。

国際比較でみても、日本の高齢者人口の割合は、世界最高となっており、高齢者の就業率も23.0%と、主要国の中で最も高い水準にあるそうです。人手不足でポテンシャルワーカーたる高齢者雇用に今後も拍車がかかりそうですね。企業には高齢者が働きやすい雇用環境の整備が求められています。

関連記事

  1. 今後の採用活動はどうなる?「採用選考に関する指針」の廃止
  2. 特定技能所属機関の要件をコラムに書いてみました。
  3. 労働条件通知書のペーパレス化
  4. 2020年は「未払い残業代対策」が課題
  5. 採用できるハローワーク求人③
  6. 10月は「年次有給休暇取得促進期間」
  7. パワハラ防止対策、厚生労働省は法制化を検討
  8. 働き方改革法に対する企業の意識は?

相続川柳

PAGE TOP