高齢者の就業者数が過去最高に

総務省は、統計からみた我が国の65歳以上の高齢者についての取りまとめを公表しています。
取りまとめによれば、高齢者の就業者数は14年連続で増加しており、807万人と過去最多だそうです。また、就業者数増に占める高齢者の割合も、12.4%と過去最高となっています。高齢就業者数は、「団塊の世代」の高齢化などを背景に2013年以降大きく増加していますが、「団塊の世代」が70歳を迎え始めたことなどにより、70歳以上で主に増加しているようです。

高齢就業者が多い業種としては、「卸売業、小売業」が125万人と最も多く、次いで「農業、林業」が99万人、「製造業」が92万人、サービス業(他に分類されないもの)」が91万人となっています。

国際比較でみても、日本の高齢者人口の割合は、世界最高となっており、高齢者の就業率も23.0%と、主要国の中で最も高い水準にあるそうです。人手不足でポテンシャルワーカーたる高齢者雇用に今後も拍車がかかりそうですね。企業には高齢者が働きやすい雇用環境の整備が求められています。

関連記事

  1. 業務中に新型コロナウイルス感染した場合の労災補償
  2. 【コロナ関連】感染防止のための柔軟な働き方について
  3. 働き方改革法に対する企業の意識は?
  4. 年次有給休暇の取得が過去最高 ~令和2年就労条件総合調査~
  5. 【コロナ関連】新型コロナウィルス感染予防対策について
  6. 来年4月施行の70歳までの就業機会の確保(努力義務)について
  7. 求人票と労働条件の食い違いが減少
  8. 「働き方改革関連法」実際の認知度はまだ低い?
PAGE TOP