コロナ禍で転職検討者が増加傾向

(株)MyReferの「コロナ禍の転職意向調査」によると、コロナ禍において、転職を考える人が増えているようです。この調査では、回答者のおよそ8割が「転職を考えた」としています。転職を考えた理由としての上位は、下記です。

  • 「会社や事業の将来性に不安を感じたから」(53.6%)
  • 「働き方を変えたいから」(42.4%)
  • 「自分のキャリアを見つめ直したから」(36.4%)

会社や事業の将来性に対する不安や、働き方についての価値観の変化から、転職を考える人が増えたと言えます。

調査では、転職を考えた人のなかで、実際に転職をした人は1割程度でした。しかし、いずれは実行に移そうと考える転職予備軍が一定数いるとも考えられます。では、自社の離職を防ぐには、あるいは転職先として選ばれるためには、どのようなことに留意すればいいのでしょうか?

まずは、前述の転職を考えた理由に対処することです。つまり、自社のビジョンを明確に伝える、労働者の働き方の希望やキャリアプランを把握し、それに応えていくこと等が考えられます。

次に、転職を考える人が重視する項目に対処することも有効でしょう。主なものとしては、①給料、②残業量や休暇日数、勤務体制、③勤務地があります。③はもちろん、①や②も急に改善することは難しいかもしれません。しかし、自社が他社に比べて、これらの項目でどのような位置にあるのか、少なくとも現状を把握することは必要でしょう。転職がポジティブにとらえられる時代が来ています。人材確保のために何ができるのか、あらためて考えてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 高齢者雇用 来年4月施行の70歳までの就業機会の確保(努力義務)について
  2. 特定技能所属機関の要件をコラムに書いてみました。
  3. テレワークを行う従業員の本音は?
  4. 働き方改革法に対する企業の意識は?
  5. パワハラ防止対策、厚生労働省は法制化を検討
  6. 平成30年「高年齢者の雇用状況」
  7. 高齢者の就業者数が過去最高に
  8. 採用できるハローワーク求人④
PAGE TOP